アトピー肌だけど脱毛しても大丈夫?

アトピー肌だけど脱毛しても大丈夫?

刺激に弱いアトピー肌を持つ人であれば、脱毛サロンに行くことに不安があると思います。フラッシュ脱毛の光を照射することでアトピーが悪化したり、かゆみが出てきたりすることだってあるかもしれませんよね?では、アトピー肌の人であっても脱毛をすることは可能なのでしょうか?詳しくお答えしていきましょう。 お肌が弱くてフラッシュ脱毛をしてもらうのが不安な人は、最初に光の照射テストをしてもらいましょう。

そして、脱毛の施術によってアトピーが悪化しないように、事前に主治医に相談してみることも必要になってきます。実際のところ、アトピー肌でも受け入れてくれる脱毛サロンがほとんどですが、なかには条件を提示される場合もあります。もし、酷い肌荒れ状態で皮膚が色素沈着を起こしていたりすると、脱毛サロンでの施術はできないこともあるんです。さらに、皮膚から出血していたり、傷がついている場合なども同様に施術ができません。重度のアトピー肌でステロイド剤を塗っている場合にも、脱毛を施術してもらえないことがあります。

アトピー肌だけど脱毛しても大丈夫?

アトピーのための内服薬などを飲んでいる場合も施術してもらえないかもしれませんね。なかには医師の許可があれば施術してくれるサロンも存在します。もし、アトピー肌であると自覚しているなら、まず医師や脱毛サロンに相談してみるようにしましょう。アトピー肌の人であっても、大きな傷がなくて医師の診断書などがあれば施術してもらえることもあるからです。また、ステロイド剤を塗っている場合も、そのことを必ずサロン側に伝えてくださいね。ステロイド剤を塗った皮膚は紫外線に反応しやすい状態となります。実は、フラッシュ脱毛で照射する光は、太陽の紫外線に似ています。

ですから、黙っていると最悪の場合、お肌に汚いシミができてしまうかもしれません。そうなってからでは遅いので、アトピー肌の人はきちんと申告するようにしましょうね。とは言っても、最近の脱毛サロンでは、昔に比べてお肌に優しい脱毛器を使うようになってきていますので、アトピー肌の人であっても安心して脱毛を施術してもらえる場合がほとんどです。施術する前やその後も、保湿クリームやジェルなどできちんとケアしてくれる脱毛サロンもありますし、もしサロンではあまりケアをしてくれないなら、自宅に帰ってからお肌の保湿を行うようにしましょう。

マルバツ診断画像




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ