アンダーヘアーが原因?!デリケートゾーンのかゆみ

アンダーヘアーが原因?!デリケートゾーンのかゆみ

デリケートゾーンの悩み、特に陰部のかゆみに関しては他人には相談しにくいものですよね。このデリケートゾーンのかゆみ、実は、「2人に1人が感じている」といいます。口には出さないだけで、みなさん結構悩まれているようです。では、なぜデリケートゾーンが、かゆくなってしまうのでしょうか?その原因は様々ありますが、もしかするとデリケートゾーンのムダ毛が原因になることも?!実際はどうなのか、お答えしていきましょう。
その原因の多くは、ムレやおりもの、ナプキンによるかぶれ、汗などが原因で、深刻な病気ではないことがほとんどです。下着やパンティストッキングなどで締め付けられやすい陰部は、ムレやすく、さらにナプキンも使う生理中にかゆみが起こるというケースが多く見られます。最近は吸収性に優れたナプキンも多く、汚れてないからと言って換える回数が減ってしまうことも。見た目では汚れていなくても、湿気などで雑菌が繁殖し、かゆみの原因になることがあります。

アンダーヘアーが原因?!デリケートゾーンのかゆみ

こまめにナプキンを換えたり、ウォッシュレットを使うなどして、陰部の清潔を保つようにしましょう。さらに陰部は、ワキと同じように汗腺が多いので、アンダーヘアの密度が濃いと湿気もこもります。ですので、アンダーヘアをカットしたり脱毛することで陰部環境が良くなることもあるんです。ムダ毛がなくなることで圧倒的に通気性がよくなり、ムレの原因をなくすことができるからです。アンダーヘアがかゆいからと言ってすべて無くしてしまうのは勇気がいりますよね。

例えば、リゼクリニックで行っている医療脱毛の場合、5回コースの中でほとんどの患者さまが「ツルツル」を実感されているのですが、これは5回かけて徐々に毛量を減らす、という事ですので、完全になくしたい部分の毛は5回やりきって、量を減らしたい部分は好みの濃さになった時点で照射をやめれば、思い通りのアンダーヘアの形に整えることができます。アンダーヘアは適度に整えられている方が、清潔感もあり男性人気もあります。かゆみを解決しながら、清潔なアンダーヘアを手に入れることができて、一石二鳥ですよね!

マルバツ診断画像




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ